大学で検査!「毛細血管の劣化」は適度なストレッチで改善できる

大学で検査!「毛細血管の劣化」は適度なストレッチで改善できる

※ 写真は毛細血管の写真です。

大学で毛細血管をチェック!

一部 わかさ2012年1月号より抜粋:
「全身に酸素を送る毛細血管は、万病・老化を防ぐ急所だが、年々消滅し60代までに四割も減少」

開発者の小川清貴は、現在57歳。(2016年現在)

1年以上、大学のサプリの実験と検査に参加しています。

先日は、毛細血管の検査を受けました。

特殊な顕微鏡でみると、薬指の毛細血管と血流が見えます。
その検査で一番きれいに毛細血管が伸びていると言われました。

若い人も、多くの方は曲がったり、ねじれたり、、、

40代までの私はシステムエンジニア&管理職ですので、常に運動不足でした。

朝の4時から会議をして、5時にタクシーで帰宅。
入浴&仮眠して9時には出社ということもありました。

当時は毎日終電で年間のタクシー代が100万円以上でした。
42歳の時は腰痛で入院もしました。
(この体験がセラサイズ・ストレッチの開発につながりました、、、)

つまり、とても不健康でした。

自分でセラサイズのストレッチの実験を始めた40代後半から改善

実は女性が気になるお肌や目も毛細血管が重要です。

表面ではなく、身体の本質からきれいになるのがセラサイズのストレッチなのです。

毛細血管を増やすためには一般的には軽度の有酸素運動やマッサージなどが勧められています。

しかし、私は有酸素運動もマッサージもしていません。
でも、ストレッチ効果で毛細血管も育ったようです。

・運動といえば「毎日歩いてます」という方が多いですが、実は歩いても上半身には刺激が入りません。
・マラソンランナーも、上半身はガチガチの方が多いのです。
・毛細血管は激しい運動よりも、適度に血流を上げる運動やストレッチで改善されるのだと思います。

医師は怪我をしにくいウォーキングを勧めます。

しかし、歩くだけでは上半身に刺激が入らないのでベストの運動とはいえません。
そもそも医師は運動の専門家ではありません。

セラサイズのストレッチの基本が週に1回であるのは、定期的な運動が身体を正常な状態に保つために必須だからです。

食事と睡眠と同様、バランスの良いストレッチや運動は健康に必須な

セラサイズで視力や体調が良くなるのは、バランスが崩れた筋肉が正常になるからです。

セラサイズのストレッチをすると、全身の毛細血管の血流がアップして、自然と身体が正常になるのです。
筋肉への刺激はもちろん、大脳に刺激をいれて使える筋肉を増やして効率的に体を変えていきます。

適度なストレッチや運動をしないと、身体は正常を保てません。
サプリや栄養で、運動不足や睡眠不足を治すことはできません。

運動不足の弊害は、太るだけでなく、毛細血管や神経はもちろん、身体が正常ではいられなくなることなのです。
単調な運動ではなく、運動を知的なエンターテイメントとして楽しめるようにしようと考えて設計したのがセラサイズのストレッチです。

ある意味、究極の運動不足病がパーキンソン病です。

そして、誰も治せないパーキンソン病がセラサイズで改善しているのが、その証拠です。

セラサイズ 初回体験

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日~日曜日の10時00分~20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
上記ボタンをクリックしてお問い合わせページヘお進みください。

News

More

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日~日曜日の10時00分~20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
上記ボタンをクリックしてお問い合わせページヘお進みください。