脳は使う筋肉を間違う!

表参道セラサイズ・スタジオ
【会員制】プライベートストレッチサロン
南青山 表参道駅B3出口1分
Mail : info@cellacise.com
Phone :03-6805-0943

脳が選ぶ筋肉は過去の経験値により決まる

脳が選ぶ筋肉は過去の経験値により決まる

スタジオで会員の皆さんにインタビューして分かったことは、
『同じ動きでも人によって使う筋肉が異なる」ということ!

おそらく、脳が選ぶ筋肉は過去の経験値により決まるということ。

もう少し違う角度で表現すると、

「脳は使う筋肉を間違う!」
「脳は運動で使う筋肉を最適化しようとしている」

セラサイズは寝違え、ねんざ、打撲の痛みを一瞬で消せます。
治療家向けの講習会も開催しています。

寝違えの場合は脳の筋肉の制御コマンドを正常にすると痛みが消えます。

つまり、異常な位置でいたためにおかしくなっているのを、
バランスをとる動きで正常にします。

運動生理学の研究書にも書いてありますが、神経は常に繋ぎ変えています。
筋肉もいつも神経は繋ぐことと切断が繰り返されています。

使う神経はつながり、使わない神経は切れます。

長時間おかしな格好で寝ていると、その神経接続がおかしくなるのです。

バランスを取る動きをすると、神経接続が補正されてすぐに治ります。
神経接続を変える動きがセラサイズの中にはあるのです。

この技術は現代医学にはありません。
会員の方も、痛みが取れたことを「信じられない!!!」と言われます。
目の前で見た治療家だけが、価値を理解してくれます。

神経接続修正技術の応用の可能性

最近、難病のパーキンソン病がずいぶん改善しています。
パーキンソン病患者は脳が正しい命令を出せないと手が震えます。
この震えは命令系を調整するとある程度止まります。
(ドーパミンのクスリが多すぎる場合も震えます。)

難病といえばALSがあります。
スティーヴン・ウィリアム・ホーキンズ博士で有名になりました。

ALSはもしかしたら、脳が選択する筋肉を間違えている状態かもしれません。
徐々に間違った筋肉の数が増えると、動くことができなくなります。
セラサイズの発想で神経接続を整備すると、改善する可能性があります。

ALSはパーキンソン病よりもさらに少なく、まだ試してはいませんが、、、

Comments

comments

脳と運動の最新情報を配信中

セラサイズ通信脳と運動の最新情報を無料配信!
セラサイズ通信
脳と運動の科学者がTVやネットでは見れない脳と筋肉の最新独自情報を月2回配信!今なら【特選ストレッチ動画】をプレゼントしています[⇒ メールアドレスを登録]メールの配信解除はご自身で可能です。

▶ ▶ 試しに読んでみる
セラサイズ 初回体験

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
お問い合わせはこちら

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日〜日曜日の10時00分〜20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

表参道セラサイズ・スタジオ
東京都港区南青山5-6-6 メーゾンブランシュⅠ 6F

セラサイズTVセラサイズ・スタジオに通えない方へ
動画通信講座 セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方、忙しくてスタジオに来れない方、気軽にセラサイズを体験してみたい方にオススメしたいのが「セラサイズTV」。毎月、定点カメラで撮影したスタジオレッスンが増えていきます。PCやスマホでセラサイズを体験できます。まずは1ヶ月無料でトライアル!
▶ ▶ お試しはこちら

News

More