独自のストレッチで効果が出る3つの理由 : セラサイズと普通のストレッチの違い

表参道セラサイズ・スタジオ
【会員制】パーソナルトレーニングサロン
南青山 表参道駅B3出口1分
Mail : info@cellacise.com
Phone :03-6805-0943

ストレッチにはいろいろな種類があります

・静的ストレッチ
・バリスティックストレッチ
・PNFストレッチ など

近年は静的なストレッチが一般に知られています。
セラサイズは、どれでもありません。

静的ストレッチの目的である延ばすだけでは、緊張をとる以外の効果はありません。
緩めるだけですので、体調不良を死傷する効果もあまり期待できません。

パワー系のアスリートは試合までには静的ストレッチをしません。
理由は力が出なくなるからです。
センスが良い選手は自然と使い分けています。

PNFストレッチも治療的な効果はありますが、パフォーマンスアップの効果はそれほどありません。

セラサイズのストレッチは、筋肉細胞を正常にして、さらにパフォーマンスアップまでできます。

【独自のストレッチ効果がでる理由】

1、細胞学的に最適な負荷で筋肉細胞を正常にします。
2、全身の筋肉を組み合わせて動かす独自のストレッチで、使える筋肉を増やします。
3、大脳を活性化するために毎回違うストレッチを行います。

大脳の働きまで考えて設計しているストレッチはセラサイズだけ

 動きには大きく分けると種類、大脳で動く動きと、小脳で動く動きがあります。
 一般の運動は小脳にはいっているデータで動く動きの反応速度を高める練習になっています。
 あるいは、考えないで動けるためのトレーニングになっています。

 大脳を使ったり、鍛える運動はほとんどありません。
 でも、トップアスリートは必ず、考えながら身体を動かしています。
 考えながら行うことにより効率よく、イメージ通りに身体を使えるようになります。

 セラサイズのストレッチは大脳を使わないとできないように設計しております。

大脳を鍛えるためには新しい動きをする必要があります

 しかし、従来、動きのバリエーションを増やすことは難しいのです。
 セラサイズは大脳を活性化するために3300種類以上の動きを開発しました。
 更に毎週10種類ほど新規に開発しています。

 人間の身体を解析するためにストレッチを開発しています。
 ストレッチが体調不良の解消や、脳に与える影響を調べている世界で唯一の機関です。
 近年、脳についての本は沢山出版されています。

 しかし、具体的な運動方法を提案している本や研究所は世界的にもありません。
 ハーバード大の有名な科学者の本にも「具体的運動方法は私は分からない」と書いておあります。
 表参道セラサイズ・スタジオの母体である国際細胞活性協会の細胞活性研究所が世界で唯一かもしれません。

Comments

comments

脳と運動の最新情報を配信中

セラサイズ通信脳と運動の最新情報を無料配信!
セラサイズ通信
脳と運動の科学者がTVやネットでは見れない脳と筋肉の最新独自情報を月2回配信!今なら【特選ストレッチ動画】をプレゼントしています[⇒ メールアドレスを登録]メールの配信解除はご自身で可能です。

▶ ▶ 試しに読んでみる

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
お問い合わせはこちら

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日〜日曜日の10時00分〜20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

表参道セラサイズ・スタジオ
東京都港区南青山5-6-6 メーゾンブランシュⅠ 6F

セラサイズTVセラサイズ・スタジオに通えない方へ
動画通信講座 セラサイズTV
遠方で表参道に通えない方、忙しくてスタジオに来れない方、気軽にセラサイズを体験してみたい方にオススメしたいのが「セラサイズTV」。毎月、定点カメラで撮影したスタジオレッスンが増えていきます。PCやスマホでセラサイズを体験できます。まずは1ヶ月無料でトライアル!
▶ ▶ お試しはこちら

News

More