ストレッチや運動における最適な負荷は60%程度

真面目なあなたは以下のように誤解していませんか?

「ストレッチは、たくさん伸ばしたほうが良い!」
「運動は限界まで頑張ったほうが効果的!」
「がんばれないのは気合が足りない!」

運動は限界までやらないとした気がしない!

「運動は限界まで頑張ったほうが効果的!?」は間違い!

ほとんど知られていませんが、細胞学的には『60%の負荷でのストレッチや運動時と99%とで細胞の変化率は同じ』です。

負荷が多いくなるほどに、ケガの確率が高くなります。

運動時の負荷が60%を超えると尿の中のたんぱく質が増えます。
60%を超えると、自律神経も反応が大きく変わります。

いくつかの論文の実験結果から考えると、60%程度のストレッチや運動がもっとも効率がよいようです。

これらの論文についてはあまり、知られていません。

負荷が大きいほど効果的と思っている方は多いのですが、最新の論文を読むとそうとはいけえないことがわかります。

少なくとも、負荷が高いほどストレッチや運動が効果的という論文はないとおもいます。

運動の仕方の論文は30年以上前に研究のピークを越えています。

話題性があるテーマでないと、論文も評価されないのであまり、研究されていない感じです。

ストレッチの目的は、伸ばすことではありません

伸ばすというのは刺激を与える方法の一つです。
伸ばしすぎると、良くないということは論文にも出ています。

青山にある表参道セラサイズ・スタジオでは、「刺激が入ったと感じる程度」を、基準として動いています。それ以上の高い負荷は禁止しています。

しかし、フルマラソンを走っている会員は全員が15分から30分タイムが短縮しています。

アスリートの場合はもう少し、複雑ですが一般人の健康管理や趣味のスポーツトレーニングでは60%で十分と思われます。

表参道のスタジオでは十分な効果を感じている方や、実際にパフォーマンスアップした方がたくさんいます。

セラサイズ 初回体験

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
info@cellacise.com
お問い合わせフォームもご利用いただけます。

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日〜日曜日の10時00分〜20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

News

More