内閣府の第3回BHQチャレンジに応募しました

今回は昨年に続き、2度目。
セラサイズの低負荷で効果的なストレッチ&エクササイズによる脳の活性化を内閣府のチャレンジに応募しました。

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)革新的研究開発プログラム(ImPACT)「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」
内閣府の第3回BHQチャレンジに応募しました
昨年も応募したのですが、選考で漏れました。今年は「動画」もたくさん紹介しました。

今年、採択されなければ「二度と応募してやるもんか!!」です。

【内閣府 第3回BHQチャレンジとは】

脳の健康促進の観点から、非医療分野の製品やサービスに関する革新的なアイデアを幅広く募集し、有望なアイデアについて実際に脳の状態を計測する実証トライアルを行い、その提案内容が脳の健康に与える影響について科学的観点から評価する活動です。

実際は、fMRIで活動の前後を測定して評価します。

昨年の入選アイディアは、

・抹茶摂取による認知機能改善効果 (株式会社伊藤園)
・手書き習慣が脳に与える影響を知る (コクヨ株式会社)
・コラーゲンペプチドの摂取による脳機能改善効果の検証(新田ゼラチン株式会社)
・ラベンダーハンドマッサージのストレス軽減により脳の健康度アップ (公益社団法人日本アロマ環境協会)
・脳科学的アプローチによるユーグレナ摂取の効果検証及び潜在的な機能性の予測 (株式会社ユーグレナ)

1か月の効果は指標として0.8%から2%程度の改善。

セラサイズのストレッチ&エクササイズでは、

・脳内出血の知的障害1級が半年で2級に。
 10か月でPTが不要といわれ、健常者に間違われる状態になりました。
・認知症は、一人で立ち上がれなくなった方が、わずかストレッチ2回で介護の負荷を大幅に軽減。
・パーキンソン病では、カウンセリングとストレッチで完治くなっている方が何人もいます。

病院のアプローチは、基本的には薬です。
薬の効果に基づき、副作用が出ないように投与します。
医師は患者対応が仕事であり、研究開発が目的ではありません。

研究開発は科学者が行いますが、運動の意味や効果を考える研究はほとんど行われていません。
しかし、東京都青山にある表参道セラサイズ・スタジオ、別名:細胞活性研究所では動きの研究をしています。

セラサイズのストレッチは毎回考えながらカスタムで用意するのですが、
実際に効果的な動きを探しながら、研究しながらのリハビリです。

つまり、従来の病院とは全く違うアプローチなのです。
セラサイズのストレッチ&エクササイズもっと大きな改善効果が予想されます。

〒107-0062 東京都港区南青山5-6-6
(社)国際細胞活性協会
 細胞活性研究所
 表参道セラサイズ・スタジオ

セラサイズ 初回体験

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日~日曜日の10時00分~20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
上記ボタンをクリックしてお問い合わせページヘお進みください。

News

More

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日~日曜日の10時00分~20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
上記ボタンをクリックしてお問い合わせページヘお進みください。