慣れた動きと慣れない動きではストレッチ時の脳の使い方が違う!

毎回、違うストレッチメニューを使う理由

セラサイズ・パーソナル・ストレッチでは毎回新しいメニューを使いますが、それには重要な理由があります。

慣れた動きと、慣れていない動きでは大脳と小脳の使い方が違うのです。

画像はノーベル賞候補だった伊藤正男先生の本からの抜粋です。

伊藤先生は小脳の研究の世界的な権威で、1972年の時点で、このことを発表されていました。

細胞活性ストレッチ理論は知らない動き、慣れていない動きは大脳系の関与が大きくなると考えています。

逆に考えるような新しい動きをしないと大脳に刺激が入らないのです。

歩行は基本的には小脳だけで行っています。

歩くだけでは上半身にはあまり刺激が入りません。
全身に刺激を入れるためには、バランスの良い運動が必要です。

腰痛、頭痛などの不調は同じ筋肉の使い過ぎ等で発生します

・腰痛は筋肉のバランスが崩れると、上半身と下半身をつなぐ腰のあたりに腰痛として感じます。
・頭痛は肩や首の筋肉が固まると脳への血流が低下して発生します。

腰痛も頭痛も適度な負荷のバランスの良い運動で対策できます。

従来は新しくて効果的なストレッチをたくさん作ることはできませんでした。
ですから同じ動きを繰り返しています。

誰も新しい動きを作ろうとしたり、動きの意味を研究していませんでした。

でも、いまは青山の表参道セラサイズ・スタジオがあります。
すでにオリジナルのストレッチが3000種類を優に超えていますが、それでも毎週10個以上新規にストレッチを設計しています。

人間の体が複雑なので開発できるのです。

青山の表参道セラサイズ・スタジオでは正しい体の使い方を研究しています。

研究するために人間が可能な新しい動きを科学的に作っています。
学会でも発表していますが、調べるほどに複雑さがわかってきます。

人間の体は素晴らしいです。

セラサイズ 初回体験

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日~日曜日の10時00分~20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
上記ボタンをクリックしてお問い合わせページヘお進みください。

News

More

お問い合わせ・ご予約・ご相談について

お電話でお問い合わせ
03-6805-0943
営業時間:火曜日~日曜日の10時00分~20時30分(火曜日は18時より、土日のみ18時で終了)

メールでお問い合わせ(24時間365日受付)
上記ボタンをクリックしてお問い合わせページヘお進みください。